--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-05

疾走

中谷美紀が印象的
手越裕也くんの顔が余韻として残る感じ

映画「疾走」 オフィシャルサイト
疾走 : 角川映画

疾走 スタンダード・エディション
疾走 スタンダード・エディション
手越祐也、韓英恵 他 (2006/05/26)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


脚本・監督: SABU
原作: 重松清
音楽: S.E.N.S.(メイン・テーマ『疾走』)
プロデューサー: 三木裕明
撮影: 中堀正夫
キャスト:手越祐也 韓英恵 中谷美紀 豊川悦司 大杉漣 寺島進

第1回ニュー・モントリオール国際映画祭コンペティション部門正式招待作品
ベルリン国際映画祭 Panorama部門出品

どうして、にんげんは死ぬの?
“沖”と“浜”という2つの地域が存在する、とある干拓地。シュウジは、両親が自慢する出来のいい兄シュウイチのことが大好きな、“浜”に住む心優しい少年だった。そんな、シュウジを取り囲むように起こるさまざまな出来事と出会う人々―。
“沖”に越してきた“鬼ケン”と呼ばれるヤクザものとの奇妙な出会いと突然の死。“鬼ケン”の情婦で、シュウジに性の目覚めを抱かせる大人のオンナ、アカネ。幼い頃、両親を自殺で失ったことで、世の中を斜に見ることしかできない孤独な少女エリとの淡い恋。自らの不貞から弟を殺人者にしてしまったという重荷を背負いながら、シュウジとエリを導く“沖”に出来た教会の神父。やがて、大好きな兄シュウイチが挫折ののちに起こした放火事件から、家族は離散し、シュウジの運命の歯車が狂っていく…。そして、未だかつてない衝撃と感動のラストへ向かいシュウジは“疾走”する。



疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)
疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)
手越祐也、韓英恵 他 (2006/05/26)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


角川映画「疾走」オリジナル・サウンドトラック
角川映画「疾走」オリジナル・サウンドトラック
S.E.N.S. (2005/12/21)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る



疾走 上 (角川文庫)
疾走 上 (角川文庫)
重松 清 (2005/05/25)
角川書店

この商品の詳細を見る


疾走 下 (角川文庫)
疾走 下 (角川文庫)
重松 清 (2005/05/25)
角川書店

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。